秋季吟行 松戸戸定邸            鷲野正明
 訪戸定歴史館  戸定歴史館を訪ぬ

 1、徳川昭武公   徳川昭武公
維新以後興生稠 維新以後 興の生ずること稠し
騎自行車遠路周 自行車に騎りて遠路を周り
閑製陶磁形象妙 閑に陶磁を製して形象妙に
相機撮影意悠悠 相機もて撮影して意悠々たり


 ※「パリの徳川昭武」
パリでの撮影。髪型や容貌から、第2次滞欧後半の撮影と考えられている。
 
松戸市戸定歴史館所有
  2、西山莊照片    西山莊照片
登山臨水放雙眸  
山に登り水に臨みて双眸を放ち
好處風光撮欲留  
好む処の風光 撮りて留めんと欲す
情趣最多何照片  
情趣最も多きは何れの照片ぞ
妻蹲母立玉梅頭  
妻は蹲り母は立つ 玉梅の頭


 ※「西山荘にて」
茨城旅行の際に西山荘で母秋庭と妻八重を撮影したもの。昭武が八重を撮影した写真はとても珍しいという。
 
松戸市戸定歴史館所有
  3、自轉車     自転車
新車購得伴朋行 新車購ひ得て朋を伴ひて行く 
諸館遙尋幾許程 諸館遙かに尋ねて幾許の程ぞ
粕壁紫雲新翠滴 粕壁の紫雲は新翠滴り
稻毛海氣暮潮平 稲毛の海気は暮潮平らかなり

 ※「自転車(千葉県下稲毛海気館にて)」
昭武はコロンビア自転車やハンバー自転車を利用して埼玉春日部の紫雲閣や千葉稲毛の海気館等を訪れている。「自転車遠乗記」や「里程表」なども残っている。
 
松戸市戸定歴史館所有
  4、陶磁器     陶磁器
幕末以來文物多 幕末以来 文物多し
詩書繪畫更和歌 詩書 絵画 更に和歌
主人自製陶磁像 主人は自ら陶磁の像を製す 
獅子伏臺奇奈何 獅子の台に伏す 奇は奈何ん


 「陶製獅子」
台座が残る貴重な作例。
 
松戸市戸定歴史館所有
 5、懷德川昭武公 徳川昭武公を懐ふ
維新幕末在歐州 維新 幕末 歐州に在り
心思歸朝何以收 心思 朝に帰りて何を以てか収む
昭武絶無閑且雅 武を昭らかにすること絶へて無く閑にして且つ雅
錦緋外褂不汚愁 錦緋の外褂 愁に汚されず
  *錦緋外褂、緋色之陣羽織


 ※「緋羅紗地三葉葵紋陣羽織」
ベルギーで軍事訓練を見学したとき着用していたものと考えられている。
 
松戸市戸定歴史館所有
  戸定邸         戸定邸
明治閑居今尚全  明治の閑居 今尚ほ全し
建將杉木九家連  建つるに杉木を将てして九家連なる
楣窗透刻蝶幽舞  楣窗の透刻 蝶幽かに舞ひ
二十三房盡入仙  二十三房 尽く仙に入る
 
  戸定邸庭園     戸定邸庭園
細草靑靑繞正堂  細草青々正堂を繞り
乳鳩群雀歩還翔  乳鳩群雀 歩して還た翔る
清秋錦繡陽春雪  清秋の紅錦 陽春の雪
雲外晴空富士望  雲外の晴空 富士を望む
 
  冬日訪千葉大學歐州庭園
              冬日千葉大学の欧州庭園を訪ぬ
無草無花無堵垣 草無く花無く堵垣無し
不聞不識是庭園 聞かざれば識らず是れ庭園なるを
凝眸萬朶丁香結 眸を凝らせば万朶丁香結ぶ
風暖光回蝶亂翻 風暖かく光回れば蝶乱れ翻へるらん
 
  松戸神廟     松戸神廟
白鳥閑停銀杏嚴 白鳥閑に停まって銀杏厳たり
彎弓箭折勁鷹謙 弓を彎(ひ)けば箭折れ 勁鷹謙(へりくだ)る
愕然光圀謝歸去 愕然 光圀謝して帰り去り
靈驗逾彌民福沾 霊験逾いよ弥く 民福沾ふ