=作者=

大沼枕山
文化15年3月19日(1818年4月24日) - 明治24年(1891年)10月1日)は江戸時代後期から明治前期の漢詩人。名は厚、字は子寿、通称は捨吉、号は水竹居、臺領、枕山。下谷に生まれ、幕末・明治時代前期に活躍し、江戸時代最後の漢詩人といわれた日本漢詩史上重要な人物である。また、当時の代表的な詩社、下谷吟社を開き、ここを中心に江戸の風物を詠み続けた。




今までの作品

  白 濱
潮劈寒崖宿鷺驚  
(うしお)は寒崖(かんがい)を劈(さ)きて宿鷺驚き   
急灘日落北風鳴  
急灘(きゅうたん)日落ちて北風(ほくふう)鳴る    
雪山十丈狂濤碎  
雪山(せつざん)十丈(じゅうじょう)狂濤(きょうとう)砕け   
聽作奔雷震地聲
 聴きて奔雷(ほんらい)震地(しんち)の声と作(な)    
= 和訳=
潮が寒々しい断崖を切り裂くと、巣くっている鷺が驚いて飛び立ち、
激しい流れの中に夕陽が沈み、北風が鳴る。
大波は雪山のように高く、大きな音をたてて砕ける。
それはまるで雷が鳴りって大地を揺らしているかのような音だ。