=作者=

大沼枕山
文化15年3月19日(1818年4月24日) - 明治24年(1891年)10月1日)は江戸時代後期から明治前期の漢詩人。名は厚、字は子寿、通称は捨吉、号は水竹居、臺領、枕山。下谷に生まれ、幕末・明治時代前期に活躍し、江戸時代最後の漢詩人といわれた日本漢詩史上重要な人物である。また、当時の代表的な詩社、下谷吟社を開き、ここを中心に江戸の風物を詠み続けた。



書:荘石 森崎直武 

今までの作品

  鏡 浦
秋水磨銅鏡色寒 
 秋水 銅を磨して鏡色寒し
菱花湾古碧團團 
 菱花湾古りて 碧團團
風師作意開雲匣  
風師作意して雲匣を開き
八朶芙蓉正面看  
八朶の芙蓉 正面に看る

鏡浦は千葉県南房総の館山湾。「菱花湾」ともいいます。「碧団団」は緑色が丸くなっていること。「風師」は風の神。「作意」は心を働かせる。「開雲匣」は空を厚くおおっていた雲を開くことをいう。「八朶芙蓉」は富士山。
鍵『枕山詩鈔』では、三句目「風師作意」を「天公故故」に作っています。

= 通釈=
秋の水は銅鏡を磨いたように寒々と静かに広がっている。
ひなびた菱花湾に、菱の緑が丸くダマになっている。
風の神は粋なはからいをして、厚く空をおおっていた雲を開き、
正面に八朶の芙蓉(富士山)を見せてくれた。