=作者=

大沼枕山
文化15年3月19日(1818年4月24日) - 明治24年(1891年)10月1日)は江戸時代後期から明治前期の漢詩人。名は厚、字は子寿、通称は捨吉、号は水竹居、臺領、枕山。下谷に生まれ、幕末・明治時代前期に活躍し、江戸時代最後の漢詩人といわれた日本漢詩史上重要な人物である。また、当時の代表的な詩社、下谷吟社を開き、ここを中心に江戸の風物を詠み続けた。
『房山集』 天保9年(1838)刊




今までの作品

大沼枕山『房山集』から

   山村雑題四首 其三
 滿簾松影夕陽移  滿簾の松影 夕陽移る
 睡起看山亦一奇  睡起して山を看るも亦た一奇
 爐底香消燼猶煖  爐底 香消えて 燼猶ほ煖かなり
 也知假寐不多時  也た知る 假寐 多時ならざるを

= 和訳=
夕陽が斜めに差して、簾には松の影がいっぱいに映っている。
眠りから醒めてすがすがしい気持ちで山を見ると、夕陽に照らされた山はことのほか美しい。
香炉のなかの香は燃え尽きたが、灰はまだ暖かい。
してみると、間居眠りしたのはほんの短い時間だったのだな。